那珂川市、春日市、福岡市南区の産婦人科 【産婦人科専門医・母体保護法指定医・女性(更年期)医学会認定医・がん治療認定医・性感染症認定医】

女性クリニックみのり

博多南駅より徒歩2分 夜7時まで 女性の「かかりつけ医」
ホーム > 黄体機能不全と精液検査



 黄体機能不全と精液検査


投稿:近藤

不妊症でない正常な20代の

夫婦でも妊娠できるのは1ヶ月

あたり(1回の排卵のタイミング)

約20%程度です。焦らず、

根気よく通院することが大事に

なりますが、今回は黄体機能

不全と精液検査について、

ご紹介させて頂きます。


・黄体機能不全

子宮着床障害の原因で多い

のが、黄体機能不全による

内膜障害です。黄体の働きが

悪くなると、排卵後に卵巣から

プロゲステロンが十分に分泌

されず、子宮内膜の環境が

悪くなります。排卵後の基礎

体温が高温相になったころに、

超音波検査で排卵の有無を

検査し、妊娠の維持に必要な

黄体ホルモン(プロゲステロン)

が出ているかを採血します。


・精液検査

男性の検査は、主として

精液検査です。当クリニック

でも検査は可能で、ご主人の

都合の良い時に、3〜5日の

禁欲後に精液検査を行います

不妊症において、男性因子の

頻度は非常に高いため、

治療早期に男性因子の有無

を検索しておくことは重要です



2019年5月7日(火)



はじめのページに戻る



女性クリニックみのり
〒811-1213 福岡県那珂川市中原3丁目127 グランカーザエテシア2階E1
092-555-3663

Copyright (c) All Rights Reserved.
【101#FFFBF7#FFCC99#FF9933