那珂川市、春日市、福岡市南区の産婦人科 【産婦人科専門医・母体保護法指定医・女性(更年期)医学会認定医・がん治療認定医・性感染症認定医】

女性クリニックみのり

博多南駅より徒歩2分 夜7時まで 女性の「かかりつけ医」
ホーム > 子宮体がん



 子宮体がん


投稿:近藤

子宮体がんは、40歳代後半

から増加し、50歳代から60歳

代にピークを迎えます。

近年、子宮体がんは

増加傾向にあります。


子宮体がん検診は、リスク

に応じて行う検査です。

閉経年齢が遅い、出産歴が

ない、肥満、糖尿病、高血圧、

月経不順、乳がん治療薬

(タモキシフェン)、乳がん・

大腸がんの家族歴などが

リスク因子とされています。

(私自身は日本産婦人科乳腺

医学会乳房疾患認定医ですが、

タモキシフェン内服中は子宮

体がん検診を受けて下さい)


子宮体がんに対する検査は、

子宮頸がん検診と同様に、

基本的には内診での細胞診

にて行います。

・50歳以上もしくは閉経後で

不正出血のある女性

・子宮体がんのリスク因子の

ある女性で不正出血のある女性

→子宮体がん検診をお勧めします



2019年5月16日(木)



はじめのページに戻る



女性クリニックみのり
〒811-1213 福岡県那珂川市中原3丁目127 グランカーザエテシア2階E1
092-555-3663

Copyright (c) All Rights Reserved.
【101#FFFBF7#FFCC99#FF9933